◆ 宮 昌太郎 【略 歴】

  

大正 2年     盛岡市・紺屋町に生れる 
昭和 6年 岩手県立商業卒業
  国立仙台工芸指導所金工科研究生研修修了 
昭和 9年 商工省輸出工芸展入選(21才) 
昭和12年  帝展第3部 彫刻入選(24才)
昭和14年 国立仙台工芸指導所に研究生再入所・卒業
 

第1回貿易局工芸品輸出振興展入選

帝展第3部に入選

昭和15年  同展入選 
昭和16年 全日本彫刻家連盟会員となる(27才) 
         国風会彫刻展入選
昭和20年 強制疎開に依り家屋工房を失う(7月)
        工房再建(8月)
昭和25年 第15回東北北海道産業工芸展通産大臣賞
昭和26年 第16回・同展 通産大臣賞
  第7回日展入選
昭和27年  第8回日展入選
昭和28年 第9回日展入選(40才)
昭和31年  日本デザイナークラフトマン協会創立会員
昭和34年  クラフト・センター・ジャパン 賛助会員
  同センター展示場に、灰皿2種を展示
昭和35年 第1回日本ニュークラフト展出品
昭和38年 ニューナンブ・クラフト・スタジオ設立
  日本デザイナー・クラフトマン協会理事

センター、東北クラフト展に協力(50才)

昭和39年  全国発明協会展で発明賞
  第1回南部鉄器ゼミ・センターとして協力開催

南部鉄器展 福岡丸善

昭和40年   第2回南部鉄器ゼミ
  第5回伝統工芸新作展にて協力賞 日本デザイナー・クラフトマン協会理事
昭和41年  同協会理事(53才)
  第3回南部鉄器ゼミ  南部鉄器展・新作発表・丸善画廊
昭和42年 全国発明協会展にて特許庁長官賞
  日本デザイナー・クラフトマン協会理事
昭和43年 9月27日逝去・55才

 

 

 

 

高岡銅器有限会社

富山県高岡市美幸町

       2-1-16

電話:0766-63-5556

FAX:0766-63-2223 

 takaokadouki@take.co.jp

 

◎姉妹店 鉄瓶・茶釜専門店◎
※リンク先があります。

当店での配送及び支払方法は、当店のみとなります。

リンク先でのお買い物の場合は、リンク先の店舗によります。

当店の配送・決済方法はご利用できません。